オンライン契約・自動車保険

個人用自動車保険 THEクルマの保険

充実の補償内容と安心のオプション特約!

「相手への賠償」や「ご自身の補償」を対人賠償・対物賠償・人身傷害・車両保険でしっかりカバー。
ご自身・ご家族の歩行中や自転車搭乗中の自動車事故などまで手厚く補償します。


万全の事故・故障対応

● 事故対応

ユニバーサル事故センターですばやく対応。
ユニバーサル事故センター営業時間外も損保ジャパン日本興亜の事故サポートセンターが365日24時間対応。


● ロードアシスタンス

すべてのご契約に対応可能!
ご契約の自動車が事故、故障またはトラブルにより走行不能となった場合に、レッカーけん引や応急処置などのロードアシスタンスを24時間365日スピーディーにご提供します。
→詳しくはコチラ


安心のサービス


さらに豊かなカーライフをサポート
【THE First 倶楽部】

宿泊や旅行、ゴルフ、レジャー施設など、カーライフがハッピーになるお得なサービスをお届けします。 →詳しくはコチラ


※ 団体扱としてご契約いただけるのは、保険契約者および被保険者が損保ジャパン日本興亜の定める条件を満たす場合のみとなります。

※ 詳細はパンフレットをご覧ください。詳しい内容については、当社または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。


「お客様の生活に寄り添い、一番の安心を提供できる自動車保険であること」

そんな思いから誕生した個人専用の自動車保険。それが「THE クルマの保険」。
「THE クルマの保険」は、「充実の補償内容」「万全の事故・故障対応」「先進のサービス」でお客様をお守りします。



ご契約条件の設定

『THE クルマの保険』は、「個人」でご契約される方を対象としています。
『THE クルマの保険』は、自動車を運転する方と自動車の使用目的等にあわせて、保険料が決まります。


対象となる自動車の種類

対象となる自動車の種類は、自家用に使用する以下の8車種(自家用8車種)となります。

  • 自家用普通乗用車
  • 自家用小型貨物車
  • 自家用普通貨物車
    (最大積載量0.5トン超2トン以下)
  • 自家用小型乗用車
  • 自家用軽四輪貨物車
  • 特種用途自動車
    (キャンピング車)
  • 自家用軽四輪乗用車
  • 自家用普通貨物車
    (最大積載量0.5トン以下)

※ 二輪自動車、原動機付自転車はSGP(一般自動車保険)でご加入いただけます。


自動車の使用目的

「日常・レジャー」「通勤・通学」「業務」と、3つの使用目的に応じた保険料があります。 定期的にかつ継続して使用される状況をお選びください。

使用目的による保険料の違い

※ 「定期的に、かつ継続して」とは、年間(使用日時点以降1年間)を通じて月15日以上の使用頻度をいいます。
なお、短期契約の場合は、ご契約期間の日数の過半数を使用する場合をいいます。


運転者の年齢

ご契約の自動車を運転される方の年齢によって、条件が異なります。

対象年齢による保険料の違い

※ 年齢区分によって保険料が異なります。


運転者の限定

運転される方を限定することで、保険料を割り引きます。

限定する範囲本人・配偶者限定 家族限定
 割引率約7%約1%

※ 限定された運転者以外の方が運転中の事故に対しては、保険金をお支払いできません。

※ ファミリーバイク特約など、一部の特約の保険料には割引が適用されません。

運転免許証の色

ご契約の自動車を主に使用される方の免許証の色がゴールドの場合、保険料を割引します。

ゴールド免許割引 :  12%

等級別料率制度

所有・使用する自動車の総契約台数が9台以下(ノンフリート契約)の場合は、1等級~20等級の区分、事故有係数適用期間により保険料が割引・割増される等級別料率制度を採用しています。
継続前のご契約以前の適用等級・保険事故の有無および事故発生時の損害に関する事項などについては、保険会社などの間で確認させて頂きます。なお、保険事故には未払事故および未請求事故も含みます。
等級別料率制度や割増引率は将来変更となる場合があります。

事故有係数適用期間

事故があった場合に「事故有」の割増引率を適用する期間(ご契約期間の初日における残りの適用年数)を示すものとして保険契約ごとに設定します。
事故有係数適用期間が0年の場合は、「無事故」の割増引率、事故有係数適用期間が1年~6年の場合は「事故有」の割増引率を適用します。




各種割引

お客様の自動車や、ご契約条件に合わせて、割引が適用されます。 状況に応じて次の割引が適用されますので、ご確認ください。

新車を購入された方

ご契約の自動車が自家用乗用車(普通・小型・軽四輪)で、ご契約期間の初日の属する月が自動車検査証などに記載の初度登録年月(または初度検査年月)から下表の期間の場合は、「新車割引」として保険料を割り引きます。

保険料割引適用対象自家用普通乗用車および自家用小型乗用車 自家用軽四輪乗用車
25か月以内※126~49か月※1 25か月以内※126~49か月※1
対人賠償責任保険 10% -  5% -
対物賠償責任保険  3% -
人身傷害保険 25% -
車両保険 6(S)等級※2 21% 11% 10% 2%
上記以外 11% 2%

※1 初度登録年月(または初度検査年月)の翌月から起算して、ご契約期間の初日の属する月までの期間
※2 ご契約期間が1年を超えるご契約の場合、6(S)等級に対する割引は初年度のみ適用されます。

2台目を購入された方

7(S)等級からのスタート、ノンフリート契約に限り適用できます。
自家用8車種の自動車を11等級以上でご契約されている方が、2台目以降の自動車(自家用8車種)を新たにご契約になる場合で一定の条件を満たすときは、7(S)等級を適用します。

割 引 名割増・割引率保険料割引適用条件
セカンドカー割引 (複数所有新規割引) 11%割増 全年齢補償
11%割引 21歳以上補償
40%割引 26歳以上補償
35歳以上補償

2台以上の自動車をお持ちの方

ご契約者、配偶者、同居のご親族のいずれかの方を記名被保険者として、2台以上の自動車を1保険証券でご契約される場合に、左の割引が適用されます。

割 引 名ご契約台数割 引 率保険料割引適用対象
ノンフリート多数割引 2台 3% 全基本項目
3~5台 4%
6台以上 6%

※ ファミリーバイク特約など、一部の特約の保険料には割引が適用されません。


基本補償と特約

THE クルマの保険で補償される範囲と、特約の一覧です。
部分はオプションです。 詳細はパンフレットをご覧ください。
※平成29年7月1日以降の保険始期日(補償が始まる日)のご契約が対象です。

相手への賠償

補 償 内 容概     要
対人賠償責任保険 事故で歩行者など他人にケガをさせてしまったときの相手の治療費や、働けない間の収入などの法律上の損害賠償による出費を補償します。

※ 自賠責保険の補償額を超えた場合に、保険金をお支払いします。

※ 事故の相手が死亡された場合には15万円を保険金に加えて対人臨時費用保険金としてお支払いします。


【まかせて安心の示談交渉サービス】
お客様(補償の対象となる方)のお申し出があり、かつ事故の相手の方の同意が得られれば、原則としてお客様に代わって損保ジャパン日本興亜が示談交渉をお引き受けします。(対人賠償責任保険・対物賠償責任保険)
対物賠償責任保険 事故で他人の自動車や物などを壊してしまったときの、法律上の損害賠償による出費を補償します。

※ 自賠責保険では相手の自動車や物などの損害賠償は補償されません。


【安心の「対物全損時修理差額費用特約」】
対物賠償責任保険では、相手の自動車の時価額までしか支払われないので心配・・・という方には、相手の自動車の時価額を超えた修理費も補償する「対物全損時修理差額費用特約」がおすすめです。(限度額があります。)
対物全損時修理差額費用特約
【オプション】
対物賠償責任保険でお支払いの対象となるのは、法律上の賠償責任額(自動車の時価額)までです。 しかし、実際にかかる修理費が時価額を超えてしまうケースが考えられます。 その差額分を補償するのが「対物全損時修理差額費用特約」です。

ご自身のケガの補償

補 償 内 容概     要
人身傷害保険 人身傷害補償保険では、ケガによる治療費の実費や、働けない間の収入、精神的損害を幅広く補償します。
入通院定額給付金※1
入通院日数が5日以上となった場合は、定額給付金をお支払します。
入院生活サポート費用保険金
被保険者が入院された場合に、事故発生日から5日目以降90日間の期間を対象として、病室でご本人が身の回りのお世話などのために利用されたヘルパー費用をお支払いします。
【こんなときに補償されます】
こんなときに補償されます

※ 1 ご契約時に10万円または20万円をお選びいただけます。

人身傷害車外事故特約【オプション】 人身傷害保険で補償の対象となる事故を「ご契約の自動車に搭乗中の事故」だけでなく「他の自動車に搭乗中の事故」や「歩行中や自転車を運転中など車外での自動車事故」に拡大する特約です。
人身傷害入院時諸費用特約【オプション】 人身傷害保険の保険金がお支払いの対象となる事故で、被保険者が入院された場合に、被保険者またはご家族が負担したホームヘルパー費用、介護代行費用、保育施設預け入れ等費用、ペット預け入れ等費用の入院時諸費用をお支払いする特約です。
人身傷害死亡・後遺障害定額給付金特約【オプション】 人身傷害保険の保険金がお支払いの対象となる事故で、被保険者が亡くなられた場合は保険金額の全額、後遺障害が生じた場合は、その程度に応じて保険金額の4%から100%を定額給付金としてお支払いする特約です。

ご自身のお車の補償

補 償 内 容概     要
車両保険 自動車の平均的な修理費は、20万円。 少しのキズでも意外に修理費がかかります。また、飛び石やいたずら、落書など、運転技術にかかわりのない急な事故で修理が必要になることもあります。
※ 平成28年12月末損保ジャパン日本興亜データ

【こんなときに補償されます】
こんなときに補償されます
無過失事故の特則 相手自動車または他物との衝突・接触事故による車両保険金のお支払いについて、次のいずれかの条件に該当する場合など一定の条件を満たすときは、損保ジャパン日本興亜と締結する次契約の等級および事故有係数適用期間を決定するうえで、その事故がなかったものとして取り扱う特則です。

A. 相手自動車の「追突」、「センターラインオーバー」、「赤信号無視」または「駐停車中のご契約の自動車への衝突・接触」による事故に該当し、かつご契約の自動車の運転者および所有者に過失がなかったと損保ジャパン日本興亜が判断した場合

B. 相手自動車との衝突・接触事故の発生に関して、ご契約の自動車の運転者および所有者に過失がなかったことが確定した場合

C. ご契約の自動車の欠陥・不正アクセス等に起因する他物との衝突・接触事故が発生し、かつご契約の自動車の運転者および所有者に過失がなかったことが確定した場合

【ご注意】
  1. A、Bについては「相手自動車」および「その運転者または所有者」が確認された事故に限ります。
  2. 次の特約の保険金をお支払いする場合は、この特則の対象外です。
    ・車両新価特約 ・車両全損修理時特約
    ・全損時諸費用再取得時倍額特約 ・車両積載動産特約
車両全損修理時特約
【オプション】
ご契約の自動車が全損となり実際に修理をされた場合に、車両保険金額を修理費が超えてしまっても、車両保険金額に50万円を加えた額を限度として、修理費をお支払いします。
車両新価特約
【オプション】
ご契約の自動車が全損になった、または修理費が新車価格相当額の50%以上となった場合、修理費または自動車の再取得費用をお支払いします。また、所定の要件を満たす場合は、再取得時費用保険金として新車価格相当額の20%(40万円限度)をお支払いします。
車対車事故・限定危険特約
【オプション】
自動車との衝突・接触および以下に定められたものに限定します。
  1. ご契約の自動車が火災や爆発を起こした場合、または、他の物が爆発した影響で自動車が被爆してしまった場合
  2. 盗難にあって損害が生じた場合
  3. 集団による事件(騒じょう)や労働争議にともなう暴力行為や破壊行為によって、損害が生じた場合
  4. 台風、たつ巻、洪水または高潮によって、損害が生じた場合
  5. 落書、いたずら等、直接、人の手によって行われたことでご契約の自動車に損害が生じた場合
  6. 窓ガラス破損の損害(ただしガラス代金のみ)
  7. 飛んできたもの、もしくは落下してきた物がご契約の自動車に衝突して損害が生じた場合
  8. 上記のほか、偶然の事故によって損害が生じた場合
なお、自動車との衝突・接触は、相手自動車とその運転者または所有者が確認された場合の事故に限定されます。
全損時諸費用再取得時倍額特約
【オプション】
ご契約の自動車が全損となった場合で、代替自動車を取得されたときは、車両保険の全損時諸費用保険金を倍額にしてお支払いする特約です。

※ 車両保険金額の20%(40万円限度)をお支払いします。

ロードアシスタンス運搬後諸費用特約
【オプション】
ご契約の自動車が事故、故障またはトラブルにより走行不能となり、かつレッカーけん引された場合に、修理などでご契約の自動車を使用できない期間など所定の支払対象期間のレンタカー費用・宿泊費用・移動費用・引取費用をお支払いする特約です。

※ ロードアシスタンス特約のお支払いの対象となる場合に限ります。

事故・故障時代車費用特約
【オプション】
ご契約の自動車が事故、故障またはトラブルにより走行不能となり、かつレッカーけん引された場合※1、または事故によりご契約の自動車に損害が生じた場合※2に、修理などでご契約の自動車を使用できない期間など所定の支払対象期間のレンタカー費用をお支払いする特約です。

※1 ロードアシスタンス特約のお支払いの対象となる場合に限ります。

※2 車両保険のお支払いの対象となる場合に限ります。

地震・噴火・津波車両全損時一時金特約
【オプション】
地震・噴火・津波により、ご契約の自動車のフレーム、サスペンション、原動機などに所定の損害が生じた場合やご契約の自動車が流失または埋没し発見されなかった場合、運転席の座面を超えて浸水した場合などに、地震・噴火・津波車両全損時一時金として50万円(車両保険金額が50万円を下回る場合はその金額とします。)をお支払いする特約です。

(注) この特約の保険金をお支払いした場合であっても、ご契約の自動車の所有権は損保ジャパン日本興亜に移転しません。

その他の特約

補 償 内 容概     要
他車運転特約 借用中の自動車を運転中に対人・対物賠償事故などを起こしてしまった場合にご契約の自動車の契約内容に従って、優先して保険金をお支払いします。一定の条件を満たせば、車両損害も補償されます。
契約自動車の入替自動補償 自動車の買い替えをしたのに、保険の入替手続きを忘れてしまった場合に、取得された日の翌日から30日以内に、ご契約の自動車との入替通知を行って当社が受領したときにかぎり、その間の事故を補償します。
安心更新サポート特約 所定の通知締切日までに損保ジャパン日本興亜またはお客様のいずれか一方から契約を更新しない旨の意思表示がない場合は、一定の条件に基づき保険契約を自動的に更新します。

※通知締切日は以下のとおりです。
満期日が毎月1日~15日 ・・・満期日前月の10日
満期日が毎月16日~末日 ・・・満期日前月の25日

被害者救済費用特約 ご契約の自動車の欠陥・不正アクセス等により人身事故または物損事故が発生した場合で、被保険者に法律上の損害賠償責任がなかったことが確定したときに、被害者を救済するための費用をお支払いする特約です。
【ご注意】
人身事故は対人賠償責任保険の保険金額を限度とし、物損事故は対物賠償責任保険の保険金額を限度とします。
ファミリーバイク特約(人身・自損)※1
【オプション】
お客様が、原動機付自転車を運転中に、事故を起こされた場合の補償をします。

※この特約には運転者限定特約および運転者年齢条件特約は適用されません。


<補償タイプ>
 人身傷害型:対人・対物賠償、人身傷害事故
 自損傷害型:対人・対物賠償、自損傷害事故
車両積載動産特約
【オプション】
盗難や偶然の事故などによりご契約の自動車に損害が生じ、その事故などによって自動車に積載中の動産に生じた損害に対して、保険金をお支払いします。
1事故あたり30万円が限度となり、自己負担額(免責金額)はありません。

※ 車両と同時に損害が生じた場合のみ対象となります。

※ 盗難の場合は、ご契約の自動車本体の盗難(ご契約の自動車の一部分のみの盗難は除きます。)と同時に発生したときにかぎり補償の対象となります。車上狙いなど積載動産のみ盗難にあわれた場合は補償の対象外です。

個人賠償責任特約※2
【オプション】
日本国内外問わず、お客様とそのご家族の日常生活における偶然な事故で、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対して保険金をお支払いする特約です。また、記名被保険者、その配偶者またはこれらの方の同居のご親族・別居の未婚のお子さまが責任無能力者の場合に、その親権者や監督義務者等が監督責任を負う場合にも、保険金をお支払いします。保険金額は日本国内無制限、日本国外1事故につき1億円。日本国内で発生した事故のみ示談交渉サービスがセットされています。
安心しておまかせください。
弁護士費用特約※2
【オプション】
自動車事故などの被害事故に関する損害賠償請求のために必要な弁護士費用や、弁護士などへの法律相談費用・書類作成費用などを保険金としてお支払いします。相手方が損害賠償請求に応じない場合でも、法律の専門家である弁護士に相手方との交渉をおまかせいただくことができます。

※ 業務上使用する物に対する財物の損害は対象外です。ただし、ご契約の自動車の被害は対象となります。

※1記名被保険者またはそのご家族が、ファミリーバイク特約を付帯した保険契約を既にご契約の場合、同じ特約を付帯すると補償が重複することがありますのでご注意ください。

※2記名被保険者またはそのご家族が、個人賠償責任特約・弁護士費用特約を付帯した保険契約を既にご契約の場合、同じ特約を付帯すると補償が重複することがありますのでご注意ください。


※ 上記は概要を説明したものです。詳細はパンフレットをご覧ください。詳しい内容については、当社または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。



承認番号 SJNK17-80116 2017年7月3日




UP